FC2ブログ

※悪用禁止 人を騙すテクニック

人は誰しも一度は嘘をついた事があるのではないでしょうか?

きっかけは色々ですが、
・相手を傷つけないため
・相手を気遣うため
・怒られたくない為
・誤魔化す為
と色々なシーンが考えられます。

そもそも嘘というのは自己防衛から来ているので
自分を守るためにしている事なので「正当防衛」なんです!
だからと言って人を騙すための嘘は到底良いとは言えませんね。

その自分を守ろうとする自己防衛の事を
心理学では防衛機制と呼ぶのですが、
結構な種類ありますよ。
有名どころですと

・反動形成
→自分の気持ちとは反対の行動を取る。
好きなんだけど嫌いと言ってしまう。

・合理化
出来なかった事を、理由をつけて正当化し、納得させようとする
明日からまたやればいいや

・逃避
現実から逃げてしまう事

などなどがありますよ。

そして騙されやすい人、騙しやすい人にも特徴がありますよ
・意志の弱い人
・NOと言えない人
・おだてに乗りやすい人
・お金に執着する人
・考える事が嫌いな人
・好奇心旺盛な人
・心身が弱っている人
・法の知識がない人
・外見・顔で判断する人
は注意が必要ですよ。

また騙されるひとは
自分は騙されないという自信があり
なおかつ騙されたことを認めたくない。傾向にあります。
プライドが高いので騙された事を認めたら自分の愚かさも認めた事になるからです。


そして騙すというのは人間の心理をうまく使っています。
これは本当に悪質。

最近のニュースとかで話題となっている
「オレオレ詐欺」なんで一向に減らないか
ご存知ですか?心理テクニックをがっつり使ってるんです。

電話越しで会社の上司と名乗ったり←メラビアンの法則
会社員でスーツ姿のものを家に向かわせ信頼させる←ドレス効果
大事な息子が困っている。不安よりなんとかしてあげなきゃの自己催眠状態
身内の失態を世間に晒したくない日本の心理的傾向

と、これだけでもだいぶ心理テクニック使っているんです。
ドレス効果の記事
メラビアンの法則の記事
日本の心理的傾向の記事
を参照にしてみてください!

人の助けたいという気持ちを利用した悪質な手口です。
皆さん、気をつけてください。

騙されるときはマインドコントロールされている事が多いですよ。

マインドコントロールは他人を動かすテクニックで
自分の意思で選択したかに見えても実は第三者によって誘導されていたという事。
人間心理を操るマインドコントロールはある程度流れが作られてますよ!

最近だとネットワークビジネスが良い例ですね。

1、久しぶりに友人から連絡
2、ご飯誘われる
3、なにやら会話がうさんくさい
4、今の不満や将来の不安の話される
5、会わせたい人いるから合ってみない? 師匠・あだ名とか危険
6、滅多にないチャンスで本当にラッキーだねアピール
7、今度集会イベントあるんだけど
8、入会を勧められる


実はこの1から8までの過程の中でマインドコントロールされてしまう要素がたくさん入っているんです。
・好意の返報性
人から好意を受けるとお返しをしたくなってしまう

・ローボールテクニック
初めは大きめなお願い事をあえてして
断られる事を予測。断られたら小さいお願い事をすると人は受け入れやすくなる。

・権威性
芸能人もやっているという安心感

・希少性
今回は特別!
滅多にないチャンス

・一貫性の原理
自分の態度と発言を一致させようとすること
途中で辞めるのは良くない。

・恐怖心
辞めると不幸が起きる。
災いが起きる。


とたくさんの人間心理が含まれています。この記事読んで下さっている方は
誰かしら経験あるのではないのでしょうか?

またよくある
お金がたまる10万円の壺
良くねれるようになる5万円の枕とか
ありますが、実はそういうものって商品自体に
なにも効果がないものが大半なんですよね。

でも人間って5万円も10万円も支払ったんだから
絶対に効果があるはずだと信じ込んで買うんです。

信じ込んで使う事で実際に効果がでるっていうのは
実は本当にあるみたいなんです。
身近なところだと芸能人が使っているシャンプーなんだから
絶対にサラサラになるはずだ!!とかですね。

これも心理学的にブラシーボ効果って言います。

以上。人を騙すテクニックでした。悪いことに使わないようにして下さいね!

応援よろしくお願いいたします!

アメブロもやってます←遊びに来てね



まとめ

1、人を騙すということは良くない。

2、マインドコントロールは意図的に誘導されている

3、時には思い込むことも大事



201907261702089a0.jpeg



コメント

非公開コメント

けーまる@BDS

はじめましてるーびっくCUBEと申します。

マイペースながら色々な記事を書いていきたいと思います。

個人情報の利用目的


当ブログでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
 

個人情報の第三者への開示


当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合

  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合


 

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止


ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。
 

アクセス解析ツールについて


当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはGoogleアナリティクス利用規約をご確認ください。
 

広告の配信について


当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
 
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。
 

免責事項


当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
権利を侵害する目的ではございません。
記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。
確認後、対応させて頂きます。
 
当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
 

プライバシーポリシーの変更について


当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。
 

Mail:ph5567@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR