FC2ブログ

【超意外!?】誰にも言えない劣等感が天職に繋がるのかもしれない

劣等感って誰しもあるもので、それは口には出さないもの。
もしくは出したくなくて自分の中に留めて置きたいもの。

でも、いつしか克服したいから
インターネットで検索したりするのです。

もしも劣等感を持っているのであれば
その劣等感を克服・改善するために
何か物で補ったり、服で補ったりして自己防衛します。

個人心理学のアルフレッドアドラーは
昔から人間は劣等感持っていてその劣等感を克服するために
知恵を働かせてきたのだという説があります。


人間は大きい動物を倒すためにグループを作り(コミュニティ)
効率化を図るために文字や言葉を作りました。
動物に勝てないという劣等感や言葉を話せないという劣等感から文字を生み出しました。

現代では、人は早く走れないから車を作り
人は空を飛べないから飛行機を作りました。

どれもみな劣等感を克服するために知恵を働かせて来たのです。
今までの例はどれもポジティブな克服であり、飛行機や車を作った事により
社会貢献にもなりたくさんの方々からお礼を言われて自分も相手も
生きがいを感じられます。

しかし劣等感を克服するために私的論理すなわち自分のためだけに
なるような克服だと結局なにも変わりません。

・人から注目されないという劣等感から
注目される為に高い車に乗ってみたり、高い時計を身につけてみたり

・体が小さくて弱々しいという劣等感から
大きいサイズの服を着てみたり、アクセサリーを身につけてみたり

・料理が苦手という劣等感から
コンビニの弁当やお惣菜ばかりしか買わない

結局自己満足で終わってしまいます
そうではなく人からありがとうと言われるような行動をすることを推奨します。
社会に貢献すること。


人からありがとうと言われるのは悪いことではないですよ!

例えば上の3つの例だと

高い時計や高い車を買う時に注意したこと。そもそも
興味があって前々から調べていた。各社メーカーの違い→車関係や時計関係の仕事。調べて提案営業職系?


・大きい服やアクセサリーを身につけて入るのであれば
それがいつしか趣味になっていたりすることもあります。年代層によってのアイテム等→ジュエリー&アパレルショップ系


・コンビニの弁当屋お惣菜しか買わない。でも健康に良いやカロリーが少ない
お惣菜は?とかで→食品アドバイザーとかも可能性が出てきますね。


と劣等感が社会貢献に繋がることもあります。
社会貢献につなげることも出来れば人はたくさんのありがとうを言われ
生きがいを感じ、必要性を感じます。ありがとうの対価以上であれば人はお金を報酬としてもらいます。

しかしこの記事を呼んてこいつなにいってんだよとか
劣等感って人に言えないしものでコンプレックスなんだよ!
って思う方もいらっしゃると思うんです。


私も自身の劣等感がものすごく嫌でいじられてきた過去もありました。

もちろん人には言えない劣等感=コンプレックスはあります。
人に言えるところだと
・身長が低い
・直毛
・貧乏
・極度の心配性
・極度のあがり症
などなど。。。

でもそれでも自分としっかり向き合ってプラスにポジティブに
どうしたら人からありがとうと言われるかむしろ
笑顔にできるかをずっと考えてきました。

私の場合は、笑わせることだと思ってコンプレックスを
ポジティブに捉えて生きてきました。

もちろん笑わせることと笑われていることは紙一重なのかもしれない
ですがそれでもポジティブに生きていけば

劣等感が活かされる時が来るのではでしょうか?


応援よろしくお願いいたします!

正社員からの失敗しない転職活動@成功率アップノウハウ←もやってますよ!



まとめ

1、劣等感は克服するためにある

2、劣等感を隠すための自己防衛は私的論理でありなにも産まない

3、誰しも劣等感を持っている






20190724133201df2.jpeg

コメント

非公開コメント

けーまる@BDS

はじめましてるーびっくCUBEと申します。

マイペースながら色々な記事を書いていきたいと思います。

個人情報の利用目的


当ブログでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
 

個人情報の第三者への開示


当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合

  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合


 

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止


ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。
 

アクセス解析ツールについて


当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはGoogleアナリティクス利用規約をご確認ください。
 

広告の配信について


当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
 
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。
 

免責事項


当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
権利を侵害する目的ではございません。
記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。
確認後、対応させて頂きます。
 
当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
 

プライバシーポリシーの変更について


当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。
 

Mail:ph5567@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR